ALCの歴史

世界20カ国以上で作られ使用されるヘーベル
ALCとは、「Autoclaved」(高温高圧蒸気養生された)「Lightweight aerated」
(軽量気泡)「Concrete」(コンクリート)の頭文字をとって名づけられたもので、
「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」の意味を持ちます。
ALCは1920年代にスウェーデンで開発されて以来、ドイツやオランダなど、
ヨーロッパを中心に世界的に発展してきた歴史ある建材です。
旭化成では1960年にロシアから、1962年に旧西ドイツから技術導入して生産を開始しました。

ALCの用途

耐火性、防火性、強度など建築物に求められる数多くの性能を高いレベルで満たすため、
外壁材としてはもちろんのこと、床下地や間仕切り壁、
屋根裏の下地及び鉄骨建築用の耐火被覆など様々な建築部位に使われています。

    

新幹線ホーム         高層ビル群      高層ビル(東京都港区)