シーリングの増し打ち、打ち替えでよく相談されることがあります。

工事業者によっては打ち替えが望ましいと言う業者が多いようですが
一概には言え無いので要注意です。

打ち替えの場合は、ALCボードを痛める場合が有りますので注意して下さい。

昔は目地部分にはアクリルシーリングが普通でしたが
最近はウレタンシーリングが主になっています。

新築時の工事がアクリルシーリングの場合は、
業者によっては厚みにばらつきが有りますので要注意です。

基本的にはウレタンシーリングがいいでしょう。
(ノンブリードタイプで行って下さい)
破損部補修については、ALC自体が軽量気泡コンクリートなので断面補修や欠損補修には、
専用のALC補修材を使うことが重要になります。

モルタルなどは硬く、高収縮であって、ALCに素材自体があっていないので、
すぐにひび割れなどが起きやすくなります。
補修材一つとっても、ALCなのか、コンクリートなのか
それぞれ違いを理解し、その特性に合った施工が必要です。